鍵修理の際に補助錠を検討しましょう~鍵屋のオプションを利用する~

設置場所によって異なる補助錠の効果

補助錠を導入する際に重要なのは、設置場所です。設置場所によってあまり恩恵を感じないこともあれば、逆に絶大な効果を発揮することもあります。よって、設置する上で効果的な場所を学んでおきましょう。

補助錠の設置箇所

風呂場の窓
風呂場の窓は家によってサイズが異なりますが、人が入れるサイズならばできるだけ設置しておきましょう。その際、家の裏口などに窓がある場合はガラスを破って侵入してくるケースもあるのでガラスアラームも併用すると効果は絶大です。
勝手口
家の勝手口は多くの人が見落としているポイントです。正面をガチガチに固めても、こういった裏口をそこまで重視していないというのは非常に危険です。そのため、忘れずに補助錠でセキュリティ面の向上を行ないましょう。
ベランダやバルコニー
ベランダやバルコニーは2階にあるからと油断して鍵をかけない人もいますが、空き巣は安々と侵入してきます。そのため、戸締まりはキチンと行ないましょう。防犯カメラを併用すれば侵入を防ぎやすくなります。

補助錠の種類

補助錠は様々なタイプがあり、特徴もそれぞれ異なります。適切に使用するためにも特徴は把握しておきましょう。

補助錠の種類と特徴

面付本締錠
ボックスタイプの補助錠であり、取り付けが簡単に行なえるというのがメリットです。扉内側に面付本締錠をつけるとカンヌキ部分が死角になって見えにくいため、バールを使って無理やり侵入するといったケースに対して大きな防犯効果を発揮します。
面付本締鎌錠
面付本締錠とほぼ同じ使い方ができる補助錠です。取り付け方法も面付本締錠と同じく簡単であり、面付本締錠に比べて若干コンパクトです。他の使い方としては引き戸用の鍵としても兼用できるのが特徴です。
引戸錠
扉を閉めれば自動的に施錠される、いわばオートロックのような役割を持った補助錠です。引戸錠には様々なタイプが有り、構造が異なるものが多いのが特徴です。その名の通り引き戸に用いることがほとんどの補助錠です。
TOPボタン